ヤマハ音楽教室の口コミ(ピアノ)得たものと子供の将来について

娘は幼稚園の年中さんから、ヤマハ音楽教室に通っております。

母親の私は特に音楽経験はありませんが、父親は子供のころにヤマハ音楽教室に通っていたそうです。

我が家の場合、父親のすすめで娘を通わせる決断をしました。
「音感が育てば良いな」くらいの軽い気持ちで私は通わせていましたが、結局小4になる今でも通っております。

娘は小学生になるタイミングでより専門的なことを学べるコースに進みました。

当時は担当の先生からの推薦があれば入れるコースでしたが、現在はどうやらオーディションに通らなければ入れないコースになっているそうです。

練習量も必要になり、子供のやる気、もしくはやる気がでない子供への親の一喝が必要になるコースなので、続けられる生徒かどうかを見られるのだと思います。

現在、娘はピアニストになりたいと言っていますが、自宅にグランドピアノがあるわけでもありませんし、金銭的な面でもどうなるかわかりません。

しかし、この6~7年で娘が音楽教室から得たものは本当にかけがえのないものです。

よき友、ライバル、絶対音感、リズム感、度胸、音楽の楽しさ…まだまだたくさんあります。
ピアノが弾けることでの自信が見られます。
音楽会などでピアノを担当することもありました。

親としては他にも姉妹がいるので、今まで通わせることが大変なこともありました。

もしも、この先音楽の道に進まないことがあっても、もったいない気はしますが、無駄になったことはひとつもないと思える……と今のところ思っています。

ただ、このままこの専門的なコースに通っているだけではピアニストになれるわけではありませんので、娘が望むのならば、よそでのレッスンを通して目指す音大までの道筋を作らなくてはならないと考えています。

聞く人によってはもうすでにその時期に来ているのだよと言うかたもいらっしゃるので焦りもあります。
音大に入るための方法がもっとあれば良いのにといつも思ってしまいます。

本気で音楽の道を進む決意を娘が見せてくれたのなら海外の音大という方法ももしかしたらあるのかもしれません。音楽教室でもその辺りを見越した説明会などたくさん開いてくれたら良いのになと思っています。

ほとんどの教室までの送迎は母親となってしまうので、教室のある場所や交通手段のリサーチは絶対に必要です。

また、子供の将来のことを気軽に語り合えるママ友と出会えるかどうかも音楽教室を続けられるかどうかを左右すると思います。

幼児教室、小学生コースの口コミ/少人数制でじっくりと

うちの子供は幼稚園の時から幼児教室に通っていて、小学生になってから同じ幼児教室の小学生コースに通っています。

幼稚園の時は知育プリントをしたり、お絵かきをしたりと色んなことをしてもらいました。おかげで机に座るというのはあまり苦にならないみたいで、小学校に入ってからも落ち着いて勉強することが出来ているようです。

また色んなプリントを解くのですが、幼稚園の時はそのプリントを解くのが楽しくて仕方がなかったようです。結構たくさんのプリントが宿題に出るのですが、一度取り掛かったらあっという間に解いてしまいます。
絵が可愛らしかったり内容的にもおもしろいものが多いのでゲーム感覚で解いていたんだと思います。

学年があがる毎にひらがなやカタカナ、数字、足し算などお勉強の要素も増えていきましたが、事前に習っていたおかげで小学校に入学してからの勉強にもスムーズに対応できたようです。
子供がわからない問題があった時にそれを私が教えると、どうしても感情的になってしまって上手に教えることが出来ません。その点教室の先生方はやっぱり教え方が上手です。感情的にならずに、子供の目線にたって教えてくれるので、きっと子供も私に教わるよりも先生に教えてもらったほうがわかりやすいんじゃないかと思います。

通っている教室は4人ほどのクラスで少人数制です。少ない人数だったので、先生の目が一人一人に対して行き届きやすく、様々なフォローを入れて頂きました。弱い分野がある時はそれを重点的にやらせてくれたり、負担にならない程度の宿題を出してくれたりとキメの細かいフォローをして頂いてます。

また幼稚園以外の友達との交流の場になりますし、私自身も他の環境のお母さんと出会うきっかけがあまりなかったので、親子共に新しい人間関係が出来て良かったです。
小学生になってからは勉強の内容も少しずつ変わってきて、また新しいお友達が出来ました。新たな人間関係が出来てきました。

授業は学校の勉強の先取りという感じで新しい単元が続々と出てきています。学校の授業よりも先に色々な勉強を教えてくれるので、今のところは学校の授業にスムーズについていけてるようです。また、授業が終わった後はちょっとしたおもちゃで遊んだり、折り紙や工作などもしていて、勉強以外のこともしています。

勉強ばかりだと子供も嫌になってしまうと思うのですが、ちょっとした遊びや息抜きも取り入れているので、楽しんで通ってるようです。

【花育教室】フラワーアレンジメントとスイミングスクールに通う子供。口コミ。

我が家には小学1年生の息子がいます。今、通っている習い事は、スイミングスクールとフラワーアレンジメントです。

これらはもう数年に渡って通っているもので、スイミングスクールは1歳10ヶ月ごろから、フラワーアレンジメントは2~3歳頃から行き始めました。

スイミングスクールは、始めは親子ベビーコースといって、保護者と一緒にプールに入り水慣れをするといったものからはじめ、年少児で幼稚園に入園する少し前あたりから、一人で入る幼児コースへと移行していきました。

プール大好き!というわけでもありませんが、わりと順調にとんとんと級も上がっていくことができて、小学一年生になった今は、何とかバタフライまで泳げるようにもなりました。

親の私自身も、小さい頃から水泳を習わせてもらってきて、選手として試合に頻繁に出るようなほどではありませんでしたが、学校の授業で困るようなこともなく自由に泳ぐことができるまでにはさせてもらえて感謝しているので、子供にも習わせることにしました。

フラワーアレンジメントは、近くに住む私の母と姉が数年前から習いに行っており、それを見ていた息子も2歳くらいの頃から、やりたい!と言い出して、はじめは余ったお花やどちらかが行けなかったりしたときに代わりにやらせてもらったりしていたら、なかなか上手く楽しんで取り組んでいる姿があったので、母と一緒に月に一度通わせてもらうようになりました。

息子が通いはじめた頃は、子供用のコースもできたばかりだったのか簡易的な感じがありましたが、最近では「花育」という言葉があったり子供用のコースも色々と充実してきて、身近にはあまり見かけませんが、先生の生徒さんのなかにも子供会員さんが数名いらっしゃるそうです。はじめははさみを持つのも大丈夫かな…という感じで、隣で助手のように手伝いながらの取り組みで、切ってお花をさすだけのようでしたが、今では特別なことがない限り大体自分だけで作品を完成させることが出来るようになりました。

立体的に、色彩豊かな花材を使って作品をつくることは絵画や工作のようでもあり、花を優しく扱うことで、指先を使ったり丁寧に扱うことの練習にもなると思います。ちょっとしたプレゼントやお正月やお盆など、それなりにお花を生けてくれるので助かるし素敵だなと思います。

他にもお習字やダンス、プログラミングや英語や運動など、体験してもらいたい身につけてもらいたい習い事はたくさんありますが、金銭的にも難しいためなかなか…。

ですが、市の主催する運動教室やイベントなどに参加して、色々な体験をさせてあげられたら良いなと思い、色々と参加してみています。優しく心豊かに、自信を持って行動できるようになってほしいです。