子供の習い事、ママ友のランチ会での会話が参考になった件

わたしは、息子が2人います。小学一年生と三年生です。二つ違いです。

習い事は、どちらもピアノとスイミングを幼稚園の年長さんからしています。

回りの幼稚園のママたちは、年少さん(3歳)から子供に習い事をさせていました。

幼稚園では、ランチ会が年に数回あります。そのときの話題は、いつも子供の習い事か幼稚園の先生の話です。

わたしは、〇〇〇のエレクトーンを習ってるわ、わたしは、英語を習ってるというふうに会話が飛び交うのです。

聞いていると、習い事の第一位はスイミングでした。泳げることによって、命の危険性を妨げられるからです。そ

して、ランチ会に参加して感じたのが、教育熱心のかたが多いことです。うちはというと幼稚園の年少さんの頃は、家に帰ってよく寝ていました。習い事などする体力もお金もなかったのです。

わたしの母は、小さいころに習い事はさせていませんでした。小学校に行くようになって、自分からやりたいというまで放任主義というか母親からは動くことはなかったです。

習いごとはしてませんでしたが、家で料理を教えてくれたり、絵本を買ってくれたり、家にちいさなプールを作ってくれたりはしました。そういう家庭で育ったせいもあって、小さな子供のころからお金をかけてまで習い事をする考えがあまりありませんでした。

しかし、ランチ会に参加していると、子どもへの将来の投資を考えているんですよ。

それを感じると、わたしも一つくらい幼稚園のころから習い事をさせてもいいかなと思いました。

そして、長男は、6才になって年長さんで生まれて初めての習い事をしたのです。それが、ピアノでした。なぜ、ピアノにしたかというと体験に行って長男が決めました。

親のわたしとしては、長男が言葉のどもりがあったので楽器は脳によい刺激を与えてくれるかなと思ったからです。

そして、弟がいます。小さい子は、よく熱や病気をすることも考えて振替可能な教室を探しました。

一番大切なのは、先生がすばらしい方だからです。私の息子はあまり、積極的でもないしどちらかというとおとなしいほうです。なので、スパルタ式の先生は無理です。

息子と相性のよさそうな先生だったからです。息子の性格に合わせて、ゆっくり怒らずレッスンを進めてくれます。

家から、車で20分くらいかかるので距離があるので、教室にいさせてもらえます。なので、息子のレッスンがみれるのです。

どういうことを教えてもらっているかも見学できるのでわたしまで習いたいと思います。楽しそうだからです。