習い事は「やりたい」と言い出すまで待つ。子供のやりたいことを。

まず、私自身の経験から。

小学生の頃、ピアノ、習字、そろばんを習っていました。
うち、ピアノは、自宅にあり、姉が習っていたので、自然に始めました(5歳の頃)。
習字、そろばんは、全く好きでもなかったのですが、「習うのが当たり前」という両親の言葉で始めました。

ピアノはそれなりに楽しく、難しい曲が弾けるようになったときは弾きながら聴いていて心地よかった。
それでも、レッスンに行きたくない日があり、母が休ませてくれないので、怪我もしていないのに指に包帯をして何とか休んだ記憶もあります。

そして、そろばん、習字は、どうにも続けられなかった。
やめたいと言うと両親に「他の子は習いたくても習わせてもらえないのに、なんでお前はやめたいと思うのか」と問い詰められ、答えられなかった苦い記憶があります。

大人になってみると、そのとき私が口にすべきだったのは、「したくないから。」だったと思うのですが、その自分の気持ちに気づけないほど、押さえつけられて育っていたのだと、思います。

そのことを実感をもって認識したのは、精神を病んで数年にわたりカウンセリングを受けてからのことです。

こうした経験から、自身が親になったとき、「子どもに、生きている以上のことを求めてはいけない」「やりたくないことを押し付けない」と心に決めていました。

なので「生まれて来てくれてありがとう~」とひたすら抱きしめて育てました。

とはいえ、ふと気を抜くと、親がしたと同じように、自分の虚栄心で子どもを他の子どもと比べたり、「もっとできてほしい」と強く思ったり、ささいなことで叱ったりしがちにもなるときがありました。

それを、何度も修正しつつ、紆余曲折ありながらの子育てでした。

そんな中、子どもが、小学生になる頃、「友だちが空手を習うので自分もしてみたい。」と言ってきました。

それには快諾、幸い近所の道場で、送迎もいらず(帰りが暗くなる頃は歩いて迎えに行きました)、週に一度のペースでした。正座する機会も少なくなった中、きちんと座り、あいさつから始まる空手「道」なので、スポーツとして体を鍛えるのみならず、礼儀も教えていただけたと思います。

高校進学を機に時間の都合がつかず、通うのをやめましたが、息子にとっては今でも信頼を置く先生で、嬉しいニュースがあるときなど、道場に行って報告しているようです。

先生には本当に感謝しています。

息子が自分で決めた習い事、やめるのも彼の意志で、と思っていましたが、迷いなく続けたのも内心嬉しかったです。

ヤマハ音楽教室の口コミ(ピアノ)得たものと子供の将来について

娘は幼稚園の年中さんから、ヤマハ音楽教室に通っております。

母親の私は特に音楽経験はありませんが、父親は子供のころにヤマハ音楽教室に通っていたそうです。

我が家の場合、父親のすすめで娘を通わせる決断をしました。
「音感が育てば良いな」くらいの軽い気持ちで私は通わせていましたが、結局小4になる今でも通っております。

娘は小学生になるタイミングでより専門的なことを学べるコースに進みました。

当時は担当の先生からの推薦があれば入れるコースでしたが、現在はどうやらオーディションに通らなければ入れないコースになっているそうです。

練習量も必要になり、子供のやる気、もしくはやる気がでない子供への親の一喝が必要になるコースなので、続けられる生徒かどうかを見られるのだと思います。

現在、娘はピアニストになりたいと言っていますが、自宅にグランドピアノがあるわけでもありませんし、金銭的な面でもどうなるかわかりません。

しかし、この6~7年で娘が音楽教室から得たものは本当にかけがえのないものです。

よき友、ライバル、絶対音感、リズム感、度胸、音楽の楽しさ…まだまだたくさんあります。
ピアノが弾けることでの自信が見られます。
音楽会などでピアノを担当することもありました。

親としては他にも姉妹がいるので、今まで通わせることが大変なこともありました。

もしも、この先音楽の道に進まないことがあっても、もったいない気はしますが、無駄になったことはひとつもないと思える……と今のところ思っています。

ただ、このままこの専門的なコースに通っているだけではピアニストになれるわけではありませんので、娘が望むのならば、よそでのレッスンを通して目指す音大までの道筋を作らなくてはならないと考えています。

聞く人によってはもうすでにその時期に来ているのだよと言うかたもいらっしゃるので焦りもあります。
音大に入るための方法がもっとあれば良いのにといつも思ってしまいます。

本気で音楽の道を進む決意を娘が見せてくれたのなら海外の音大という方法ももしかしたらあるのかもしれません。音楽教室でもその辺りを見越した説明会などたくさん開いてくれたら良いのになと思っています。

ほとんどの教室までの送迎は母親となってしまうので、教室のある場所や交通手段のリサーチは絶対に必要です。

また、子供の将来のことを気軽に語り合えるママ友と出会えるかどうかも音楽教室を続けられるかどうかを左右すると思います。

子供の習い事、ママ友のランチ会での会話が参考になった件

わたしは、息子が2人います。小学一年生と三年生です。二つ違いです。

習い事は、どちらもピアノとスイミングを幼稚園の年長さんからしています。

回りの幼稚園のママたちは、年少さん(3歳)から子供に習い事をさせていました。

幼稚園では、ランチ会が年に数回あります。そのときの話題は、いつも子供の習い事か幼稚園の先生の話です。

わたしは、〇〇〇のエレクトーンを習ってるわ、わたしは、英語を習ってるというふうに会話が飛び交うのです。

聞いていると、習い事の第一位はスイミングでした。泳げることによって、命の危険性を妨げられるからです。そ

して、ランチ会に参加して感じたのが、教育熱心のかたが多いことです。うちはというと幼稚園の年少さんの頃は、家に帰ってよく寝ていました。習い事などする体力もお金もなかったのです。

わたしの母は、小さいころに習い事はさせていませんでした。小学校に行くようになって、自分からやりたいというまで放任主義というか母親からは動くことはなかったです。

習いごとはしてませんでしたが、家で料理を教えてくれたり、絵本を買ってくれたり、家にちいさなプールを作ってくれたりはしました。そういう家庭で育ったせいもあって、小さな子供のころからお金をかけてまで習い事をする考えがあまりありませんでした。

しかし、ランチ会に参加していると、子どもへの将来の投資を考えているんですよ。

それを感じると、わたしも一つくらい幼稚園のころから習い事をさせてもいいかなと思いました。

そして、長男は、6才になって年長さんで生まれて初めての習い事をしたのです。それが、ピアノでした。なぜ、ピアノにしたかというと体験に行って長男が決めました。

親のわたしとしては、長男が言葉のどもりがあったので楽器は脳によい刺激を与えてくれるかなと思ったからです。

そして、弟がいます。小さい子は、よく熱や病気をすることも考えて振替可能な教室を探しました。

一番大切なのは、先生がすばらしい方だからです。私の息子はあまり、積極的でもないしどちらかというとおとなしいほうです。なので、スパルタ式の先生は無理です。

息子と相性のよさそうな先生だったからです。息子の性格に合わせて、ゆっくり怒らずレッスンを進めてくれます。

家から、車で20分くらいかかるので距離があるので、教室にいさせてもらえます。なので、息子のレッスンがみれるのです。

どういうことを教えてもらっているかも見学できるのでわたしまで習いたいと思います。楽しそうだからです。